意外とカンタン♬電子書籍の出版の手順「難しいと思ってたんでしょ!そんなコトないですヨ☺」part3
Pocket

「電子書籍を出版しました!」「2冊目出しました!」と発表しているのを見かけたことはありませんか?

それを見るたび「スゴイなあ。」と、出版した人と自分とのギャップを感じていませんか?

これからシリーズで電子書籍の出版の手順を、あなたに説明していきます。

聞いてみたら、そのカンタンさにビックリして腰を抜かさないでくださいネ(^_-)-☆

そして「こんなにカンタンだったら自分もやってみよう」と考えると思います。

何より自分の体験や考えを本にできるなんてすばらしいではないですか!

加えて無料で出版できるんです!カルチャーショックを受けますよね。

でも印税はもらえます。

これこそ0⇒1の典型ではないでしょうか‼

電子書籍の具体的な作成手順はわかりましたが、本当に登録できるの?

前回〔part2〕は電子書籍作成の具体的なストーリーについてご説明しました。

今回は、KDPの登録方法をお話しします。

これを済ませた後で、表紙を作ったり編集をしたりします。

それらについては次回以降に詳しくお伝えします。

もちろんこのまま無料で続きます。

1 電子書籍出版の流れとして、AmazonKDPというサイトを使用するので、あらかじめAmazonのアカウントを作っておいてください。

2 そして、AmazonKindleダイレクト・パブリッシング(KDP)を検索してクリックします。

3 クリックした結果がこの画面です。

4 Amazonのアカウントで右上の黄色い帯に「サインイン」と書いてあるので、ここをクリックしてサインインしてください。

5 Amazonのアカウントを入力する画面になります。メールアドレスまたは携帯電話番号を入力し、パスワードも入力します。

6 するとKDPの利用規約が現れますので、よく読んでから「同意する」をクリックします。

7 次に「本棚」の画面に移るのですが「アカウント情報が不完全です。」というメッセージが出ます。その右下に「今すぐ更新」とありますので、そこをクリックします。

8 するとワンタイムパスワードを送る先の電話番号を求めてきます。あなたの携帯電話番号を記入して「ワンタイムパスワードを送信」をクリックします。

9 あなたの携帯電話に届いたワンタイムパスワードを記入する欄が現れるので、記入して「続行」をクリックします。

10 左下にアカウントIDは決まりました。しかし、その上のみだし「マイプロフィール」「支払いの受け取り方法」「税に関する情報」の記入が終わっていないので、まだ機能しません。そこで、これからマイプロフィールから入力していきましょう。

11 すでに画面に表れている「どの国/地域にお住まいですか?」から入力を始めます。

12 画面にある「事業の種類」は「個人」を選択し、「生年月日」は記入欄の右側のアイコンをクリックしてあなたの生年月日を選択します。

  「国」は記入欄をクリックするとプルダウンするのでその中から「日本」を選択します。

  そうしているうちに、画面が広がって記入欄が増えます。

  「正式名称」は、あとでも入力しますが、印税を受け取る金融機関口座の名義の名前を記入してください。漢字で姓と名の間にスペースがなくてOKです。

  その後、郵便番号から順番に住所を入力してください。

  電話番号は、「090」「080」などから記入しても頭の「0」を削除して表示されますので、そのままにしてください。これで「マイプロフィール」は終了です。

13 すると下から「支払いの受け取り方法」の入力画面が続いてきます。印税を受け取る金融機関口座を記入します。

14 銀行の所在地は日本を選択します。口座名義ですが、半角カタカナで姓を先に書き、半角スペースを空けて、名を書きます。

  次に口座の種類を選択し、口座番号はなぜか欄が2つあり同じ番号を2度書きます。口座番号は入力間違いが多いのでしょうか。

  そして、金融機関コード、支店コードを入力して、右下の「追加」ボタンを押します。

15 そうすると画面が広がって、このような欄が現れます。「現在、一部のAmazonマーケットプレイスでの売上に対する支払いを受け取ることができません。」なんて物騒なメッセージが出てきます。何か「今までの入力にミスがあったのかな」と感じますが、全然大丈夫です。

  これは「ブラジルとメキシコであなたの電子書籍が読まれた場合、先ほど入力したあなたの金融機関口座に印税が振り込まれずに小切手で支払われますよ。」という意味ですので、問題ありません。

  ほとんどがamazon.co.jpからの入金なので日本の金融機関の口座さえ登録してあれば結構です。

16 そして、この場合は「別の銀行口座がありません。」をクリックします。

17 そうすると「すべてのAmazonマーケットプレイスでの売り上げに対する支払いを受け取れる設定になっています。」と表示されますが、

18 ブラジルとメキシコでの売り上げに対する支払いは小切手で受け取ることになります。これでOKなので、一旦一番右下の「保存」を押してください。

19 保存に成功した表示が出ます。

20 続いて「税に関する情報を登録する」をクリックします。

21 すると税に関する情報を入力していく画面に変わります。

22 「納税区分」は「個人」、「米国市民などかどうか」を聞いてきますので「いいえ」を選択します。

23 「仲介代理人」は「いいえ」、「フルネーム」は半角アルファベットで姓を先に名を後に、イニシャルは大文字でも小文字でもOK、姓と名の間に半角スペースを一つ置いて書きます。

  「国籍」はプルダウンから「日本」を選ぶところまでは難なく進みます。

  次の現住所から下については、書き方が逆順になっていてわかりにくいので、便利なサイトに助っ人を依頼します。

24 「JuDress」をググって、この画面を開きます。

25 この画面で、いきなり郵便番号を記入して「住所検索」をクリックすると「住所」の欄まで埋まりますので「番地・建物名等」を記入します。そして「実用的に変換」をクリックします。

26 すると下の白地の欄に英文表記が現れますので、これを見ながら先ほどのページに記入します。

27 番地以下はそのままコピペでいいのですが、アパート名等の次の欄に「市町村名」「,」「町名」の順に記入します。そして、都道府県名、郵便番号の順で欄を埋めていきます。

28 そして、完了ボタンを押します。

29 次が、「納税者番号(TIN)」から下の欄を入力していきます。

30 最初「私は米国以外のTINを持っています。」にチェックが入っていますが、それを外します。

31 すると「なぜ、TINを指定できないのですか?」と尋ねてきます。

32 「その他の理由で現地の当局からTINを得られなかったか、TINを発行してもらっていません。」を選択し、その下の「続ける」を押します。

33 そうすると「署名して送信」の段階に移ります。

34 「IRSのフォームW-8BEN-Eに従い、私が入力した情報に対して、電子署名することに同意します。」にチェックが入っていることを確認し、

  「私は、このフォームの行1で特定した個人の代わりに署名する法的資格があることを証明します。」にチェックを入れ、署名欄に氏名を記入します。

35 そして、署名はこれまでと同じく、アルファベットで姓、半角スペース、名の順で記入し、イニシャルは大文字でも小文字でもいいです。

  日付は自動で入るので、「保存してプレビュー」を押します。

36 これらは税務情報に関するインタビューで答えた内容を確認するもので、記入するところはありません。スクロールしてご覧ください。

37 プレビューの下にある「フォームを送信」をクリックします。

38 税務情報に関するインタビューについて「インタビューを終了」をクリックします。

39 すると元の画面に戻るので、これで「マイプロフィール」「支払いの受け取り方法」「税に関する情報」の入力が終了したことがわかります。

40 次回以降の予告編です。上記作業が終わって「本棚」をクリックするとこの画面になり、上部に「本棚」「レポート」「コミュニティ」「マーケティング」と4つの項目が並んでいます。

  「電子書籍または有料マンガ」と書いてあるこの大きな四角のボタンを押して電子書籍を出版する項目に進みます。

41 進むとこういった画面に移動します。

42 上に「本の詳細」「本のコンテンツ」「本の価格設定」とあり、現在の「本の詳細」画面においてもスクロールすると、このような項目が続きます。

 

43 「本の詳細」でこれだけありますが、「本のコンテンツ」「本の価格設定」についても同様に、これらの項目を埋めていくと電子書籍を出版できます。

  これらが「本棚」の内容です。

44 「本棚」の中味に入る前の画面に戻ると「レポート」「コミュニティ」「マーケティング」という選択肢があります。

  「レポート」とは、電子書籍の売り上げがリアルタイムで表示されます。

  「コミュニティ」は、KDPと利用者との間でやり取りされた質疑応答を見ることができます。

  「マーケティング」は、電子書籍を出版するにあたりオプションを加えることができますので、その選択肢が並んでいます。

  さしあたり出版に向けては「本棚」と「レポート」が大事になってきます。

45 今回は、以上です。次回以降で、ドンドン電子書籍を作成していきましょう!

 

関連してぜひとも参考にしたい情報はこちら

https://bit.ly/3TAI4v8

 

そして、part4はこちら

https://bit.ly/3FiUdks

 

 

 

(Visited 53 times, 1 visits today)