意外とカンタン♬電子書籍の出版の手順「難しいと思ってたんでしょ!そんなコトないですヨ☺」part6
Pocket

「電子書籍を出版しました!」「2冊目出しました!」と発表しているのを見かけたことはありませんか?

それを見るたび「スゴイなあ。」と、出版した人と自分とのギャップを感じていませんか?

このシリーズで電子書籍の出版の手順を、あなたに説明していきます。

聞いてみたら、そのカンタンさにビックリして腰を抜かさないでくださいネ(^_-)-☆

そして「こんなにカンタンだったら自分もやってみよう」と考えると思います。

何より自分の体験や考えを本にできるなんてすばらしいではないですか!

加えて無料で出版できるんです!カルチャーショックを受けますよね。

でも印税はもらえます。

これこそ0⇒1の典型ではないでしょうか‼

電子書籍の作成手順、KDP登録、表紙作成方法、原稿の入手方法も学習しました、次は本文の編集です!

前回〔part5〕は原稿の用意の仕方(原稿の探し方)をご説明しました。

今回は、原稿の編集方法についてお話しします。

これを済ませた後で、製本したり、紹介文を作ったりします。

それらについては次回以降に詳しくお伝えします。

もちろんこのまま無料で続きます。

1 ここでは製本ツールの一つである「でんでんエディター」の使い方を説明していきます。

  原稿を書いた後に「タグ付け作業」をしていくのですが、「でんでんエディター」はweb上で公開されているサービスで、無料で一番取り組みやすく使いやすいものなので、これで製本してみるとよいです。

  まず「でんでんエディター」と検索すると「電書ちゃんのでんでんエディター」というのがヒットしますので、これをクリックします。

2 でんでんエディターの画面が出てきます。

3 今回、例題として文字数は少ないですがこの原稿を使っていきます。

4 この画面では代表的なタグを紹介している画面ということなので、一旦全部消します。

5 ここに先ほどの原稿をコピペします。

6 こんな感じの画面になります。これは、黄色の〇で囲った「Edit」編集モード画面です。

7 これを、一つ右側の「Preview」をクリック。電子書籍になったらどういう風に映るかという画面です。

8 ここで「Preview」の下にある「テーマを選んでね」のコマンドをクリックすると「でんでんコンバーター縦書きデフォルト」という選択肢が現れるので、これを選択しますと

9 こんな縦書きモードになり、電子書籍っぽくなりますので、これを見て確認していく作業になります。

10 具体的な編集作業をやっていくと、この短い文章のタイトル「でんでんエディター」を「第1章」というふうにしたいので、それを行っていきます。

11 上の「Edit」をクリックして編集モードに戻してから、「でんでんエディター」を半角のシャープで囲います。

12 そして、「Preview」モードで見てみます。

  このように大きい文字に変わります。その上、タイトルにしたことで、電子書籍にした際、勝手にこれを目次にリンク設定が付くので非常に便利です。

  ですから「第1章」「第2章」というようなタイトルは半角シャープで囲っていくという作業をします。

13 じゃあ第1章の中のもう少し小さいタイトルだとどうするのかと言うと、こうやってシャープを2個にします。

14 そうすると、少し小さいタイトルになります。

15 元に戻って、シャープを1個に戻し、「第1章」を書き加えます。

16 するとこういう風になります。

17 次に、ほかのタグの使い方ですが、この青い矢印のところが、話題が変わって段落として異なる感じにしたいところですが、行間は他の所と同じになっているので、ここの行間を少し開けましょうということです。

18 実は、Editモードでは一行空いていたのですが、

19 この空いている行に、このように「<br />」を書きます。

20 そうすると、このように行間が開くことになります。

21 ですが、このタグ「<br />」が、うまく機能しないことを考慮して

22 タグの下に一行ブランクを開けておくわけです。

23 そうすると、こういう風になります。先ほどは行間が少し空き過ぎていた感がありましたが、それも改善されていい感じになりました。

24 ほかのタグの使い方として、今、開けた行間ですが、行間ではなくてページを改めたいという場合には「=」イコールを記入する方法があります。「=」イコールは5個以上あればいいのですが、自分が見やすいようにするために多めに書きます。

25 プレビューで見てみると、このように改ページのマークが入っています。

 

26 次に「製本」という文字を太字にしたいという場合、「製本」を二つのアスタリスクで囲ってみるという方法です。

27 プレビューしてみると、太文字になっています。

28 でんでんエディターで使用頻度の高いタグ一覧を以下のURLに並べてあるので、ご覧いただいて活用していただければよいと思います。

  タグが書いてあるだけなので、使ってみて使い方を確かめてから利用してください。

  https://bit.ly/3SULhpt

29 文章を書いて、タグ付けも終わって、これでよい場合はEditに戻ります。

30 黄色く囲った欄に保存するファイルの名前を入れます。

31 名前を入れたらその右の「ファイルに保存」のアイコンをクリックします。

32 最初のこのテキスト文章にタグを付ける作業を「でんでんエディター」というソフトウェアを使用して行ったわけです。

 

関連してぜひとも参考にしたい情報はこちら〔参考書籍のご案内〕

https://bit.ly/3TAI4v8

 

そして、part7はこちら

https://bit.ly/3fmEUfS

 

 

 

(Visited 29 times, 1 visits today)