Pocket

「書き続けるための7つのヒント:半年で10冊出版の秘密」

(Amazon Kindle電子書籍出版の少し先輩からの手紙)

 

 

 

こんにちは

 

半年で10冊の電子書籍を出版するのに至った私の強力な味方は、毎日のライティング習慣でした。

 

それでは、その習慣をどのようにして養ったのか、その秘訣をお伝えしましょう。

 

1.スモールステップを大切にする

 

1日に何千文字も書くことを目標にすると、挫折しやすくなります。

 

私の場合、初めは1日100文字からスタートし、徐々に量を増やしていきました。

 

2.固定の時間を設ける

 

毎日、同じ時間にライティングをすることで、体に習慣をつけられました。

 

朝の静かな時間を利用するのが私のおすすめです。

 

3.快適な執筆環境を作る

 

好きな音楽を流す、特定の場所で書くなど、自分に合った環境を整えることで、書くことが楽しくなりました。

 

4.記録をつける

 

毎日の執筆量や時間を記録することで、成果を可視化し、次のモチベーションへとつなげられました。

 

5.売上やテクニックを気にし過ぎない

 

確かに、テクニックや知識は大切です。

 

しかし、それよりも、自分の言葉での伝えたいことを形にすることの喜びを大切にしています。

 

そうすれば、Kindle電子書籍出版は難しくないと感じられます。

 

6.他の執筆者との交流

 

同じ道を歩む仲間との交流は、新しい発見やモチベーションアップにつながりました。

 

オンラインのコミュニティや読書会など、さまざまな場で交流の機会を持つことをおすすめします。

 

7.完璧を求めない

 

最初から完璧な文章を書こうとすると、途中で止まってしまうことがあります。

 

まずは形にすることを優先し、後から修正していく方法が私には合っていました。

 

執筆は一人での作業になりがちですが、自分のペースで続けることが一番の秘訣です。

 

アナタも、小さなステップから始めて、独自のライティング習慣を見つけてください。

 

(Visited 13 times, 1 visits today)