Pocket

「【期間限定】シニアのためのKindle出版攻略法:これを読まずに始めてはいけない」

 

 

 

シニアのアナタが、Kindle電子書籍の作成に興味をお持ちなら、それはとても素晴らしいことです。

 

書くことは、ただ文字を書くだけではなく、アナタの人生の経験や思い出を人と共有する方法です。

 

今回は書くことの楽しさと、どうやってそれをやるかを簡単に説明します。

 

1.自分自身を見つめ直す:書くことは、自分のことをよく考える時間にもなります。

 

過去のことや今感じていることを、簡単な言葉で書き出してみましょう。

 

そうすれば、アナタは自分自身のことをもっと理解できるようになります。

例えば、著名な作家の村上春樹さんは、ランニングを通じて自分自身と向き合い、それを「走ることについて語るときに僕の語ること」という本で共有しています。

 

アナタも日記のように、自分の体験や感じたことを書き留めてみてください。

 

2.他人と共感する物語を作る:人生での大切な出来事や楽しかった記憶を、お話として書いてみましょう。

 

これによって、アナタの経験が他の人にも伝わります。

 

例えば、有名な料理研究家の栗原はるみさんは、家庭料理を中心にした本を多く出版しており、彼女の料理に対する愛情や家族とのエピソードに、たくさんの人が共感しています。

 

3.自分だけの視点を生かす:シニアだからこそ、若い人にはない経験や知識があります。

 

これを文章にすることで、読者に新しい発見や感動を与えられます。

 

例えば、日本の歴史に詳しい司馬遼太郎さんは、多くの歴史小説を書き、読者に過去の出来事を生き生きと伝えています。

 

4.新しいことに挑戦する:新しいジャンルや書き方に挑戦して、書くことをもっと楽しみましょう。

 

異なるテーマにチャレンジすることで、アナタの書く世界はどんどん広がります。

 

例えば、子ども向けの本を書いてみるのもいいでしょう。

 

絵本作家のわかやまけんさんは、子どもたちに大人気の「しろくまちゃんのほっとけーき」など、楽しい物語をたくさん出版しています。

 

シニアのアナタがKindle電子書籍で書くことを始めると、アナタの人生の経験や思い出が、素敵な物語として多くの人たちと共有されるようになります。

 

アナタの心にある物語を、ためらわずに表現してみてください。

 

書くことで、シニアならではの視点を生かした、新しい発見や楽しみが待っています。

 

(Visited 18 times, 1 visits today)