Pocket

「ワクワクドキドキ!ユーザーが直接書籍を評価・レビューできる仕組みの魅力」

 

 

 

本日はアナタにお聞きいただきたい耳より情報があります。

 

Amazon Kindleの素晴らしい仕組みのことです。

 

ユーザーが直接書籍を評価・レビューできるんです。

 

友人と食事をしていた時、ある作家の自己出版の話題が出たんですが、友人が「読者からの評価ってすごいんだぜ!」と言うので、私も興味が湧いて聞いてみました。

 

彼が言うには、Kindle本を読んだ読者たちが直接評価やレビューを投稿できるということなんです。

 

時間を割いて投稿するくらい本音の感想なので作家にとってはヒヤヒヤものですが、ワクワクもするそうです。

 

というのも評価やレビューが他の読者にも見えるため、読もうかどうか迷った時は、その書籍に添えてある評価やレビューが決め手になりますから、良い評価をもらえばもっと多くの読者に興味を持って読んでいただけることになるからです。

 

逆に低い評価をもらった場合、作家は反省するしかないのですが、レビューには、その低評価を克服するヒントが隠されていますから、ピンチをチャンスに変えることができて、それもまた作家にとっては良い励みになります。

 

また、「おすすめ度」という指標があります。読者が「これはオススメ!」と思った作品には、星の数で評価を残します。

 

星の数が多ければ多いほど、読者からのお墨付きがいただけるので、作家にとっては嬉しい反応になります。

 

自身の作品が読者の皆さんの手で広まっていく様子を見ることができれば、作家としての幸せを感じることになるでしょう。

 

アナタもKindle本を読む時は、評価やレビューを書いてあげてください。作家の努力に報いるチャンスです。

 

ユーザーが直接リアルタイムで書籍を評価・レビューできる仕組み、こんな紙の本にはないスリリングかつうれしいシステムがあるとは感激です。

 

私もAmazon Kindle電子書籍を出版する意欲がますます高まりました。

 

アナタも一緒に電子書籍を出版して、ワクワクドキドキを体感してみませんか?

 

私がサポートさせていただきます😊

 

 

(Visited 8 times, 1 visits today)